足の裏のほくろ

足の裏のほくろ

足の裏のほくろの他にも、爪の下や、口腔内、陰部、のような粘膜部もがんになりやすい部位やので、これらの部位のほくろも切除しておいたはうがよいでっしゃろ。
又、その他の部位でも、以下のようなほくろは要注意やので、皮膚科専門医の診察を受けておくんなはれ。
・大きさが6mm以上。
・色調に濃淡がある。
・黒い色素がしみ出したように見える。
・形が左右非対称で、辺縁が不規則である。
・イボ状にザラザラしとる。

足の裏のホクロ

足の裏のホクロ
日本人は一人平均十のホクロをもっとるそうや。
ちなみにホクロちうのは医学用語ではなく、ホンマは色素細胞母斑とええまんねんわ。

あと皮膚癌(ガン、がん)へのほくろの変化やけどアンタ、学校の授業で聞いたちうワケやが、病理学上 ほくろはメラニン細胞がおおい良性腫瘍<色素性母斑>とええ、過度に刺激の加わるトコでなければ悪性転化は少ないとのことや。
もちろんほくろだけの状態では何にも悪さはしまへん。
ただ問題なのがほくろの悪性転化の腫瘍<悪性黒色腫>や。
なあんも問題のないほくろに過度の刺激(ほくろの上の毛を抜く、もしくは常に何ぞに当たっとる、日焼けサロンに行き過ぎた)がある場合、細胞の遺伝子が変化を起こして癌化してしまいまんねんわ。

よって慢性的に何らかの刺激のある手のひらや足の裏のホクロやらなんやらのほくろは注意したほうがええと聞きたんや。
また余談なのやけどアンタ、足の裏のホクロやらなんやらほくろの癌(ガン、がん)化した<悪性黒色腫>は癌(ガン、がん)の中でも相当性質のわるい病気や。
もしこれになりよったら本気で<死>を意識しておくんなはれ。
ほんでよほど気になる方やったら皮膚科にいってほくろをレーザーで取ってしまうのも手だと思うで。

足の裏のホクロ、ほくろが、きょうび 急に大きくなってきたとか(しかも境目の形がいびつ)、じくじくしとる、軽く触っただけで痛い、やらなんやらの症状が現れたら癌化が疑われるので、病院へ行った方がええや。
およそ7mm以下できれいな円のほくろなら、まず心配ないでっしゃろ。
ホクロのような皮膚癌(ガン、がん)は早めに気付けば助かる可能性も高いやけどアンタ、進行しとると致死的で、傷付けると血液にのって転移しやすく危険や。

足の裏のホクロとガン(がん)

足の裏のホクロとガン(がん)
えー、会社の同僚が足の裏にホクロが出来て、
「ガンになる可能性があるから手術するわ」と言っておったんや。
俺はそないな話し初めて聞いたんやけどアンタ、どうやらホンマらしいや。
ほんで今回は、何故足の裏のホクロはガンになるのか?ちうことや。

まず、身体のホクロの中で足の裏のホクロだけが特別に悪性化しやすいちう事ではおまへんのや。
せやけどダンさん、足の裏のホクロが要注意ちう事はホンマや。
何故かちうと、なんちうか,ようみなはんいわはるとこの「ホクロガン」と言われる悪性黒色腫が日本人の場合、
足の裏によくできるからなのや。
どのぐらいの割合かちうと、10万人に112人と言う割合だそうや。
また、悪性黒色腫の早期病変と足の裏のホクロ(母班細胞母班)の見た目が、
どエライよく似とるので、やはり足の裏のホクロは要注意や。
手のひらや足の裏はホクロができる元(?)のメラニン色素を持つ細胞がないので、
本来はシミやホクロはできにくいのや。
せやけどダンさん、生まれつき迷い込んだ細胞がホクロを作ることがあるんやが、
この場合は正常なホクロやので心配はいりまへん。

気を付けなければならへんのは、
成人になってから足の裏にできたホクロが、次第に大きくなっとる場合や。
この場合はすぐに皮膚科で診断を受けた方がええや。
仮に悪性黒色腫だとしても、きょうびでは早期に治療すれば100%治るので、
怪しいと思ったら、まず診断を受けるとええでっしゃろ。

ちなみに、悪性黒色腫は皮膚、粘膜、眼球に発生しまんねん。
できやすいのは、足の裏、指、爪やらなんやらや。

同僚は早めに治療を受けるようやので一安心や。
たまには足の裏もなにげに見る必要があるんやなぁ・・・。

ホクロちうのはもともと癌(がん、ガン)細胞のできそこないや。
やので、ホクロをいじくると活性化され、立派な癌細胞になるのや。
ホクロをいじくる人は滅多におらへんでっしゃろけど、足の裏にできるとこれは難儀や。
足の裏ちうのはどれだけ注意していても刺激してしまう個所やからや。
歩けば必ずホクロを刺激してしまうわ。

そのため足の裏にホクロのある人の九割が癌で死ぬと言いまんねんわ。
ただホクロの中でも癌になりやすいものとなりにくいものがあり、やわらかく触ると痛みがあるホクロが最も危険らしいや。

足の裏のほくろの手術

・足の裏のほくろ 早めに手術切除を
質問 
10年程前から、左足の裏に小豆大ぐらいのホクロができていまんねんわ。
友人から、「足の裏のホクロは、がんになるからとったほうがよい」といわれたんやがホンマでっしゃろか。

答え 
ほくろは、どなたはんにでも、体のどこぞに数個はあると思うで。
これは、メラニン細胞ちう色素細胞の集まりで、なんちうか,ようみなはんいわはるとこの良性の腫瘍や。
せやけどダンさん、良性腫瘍でも、時にがん化することがあるんや。
ほくろががん化すると、「悪性黒色腫」ちう、全身に転移しやすい恐ろしいがんになるんや。

さて、ご質間の足の裏のほくろやけどアンタ、これはお友達が言われるように切除しておいた方がよいでっしゃろ。
と言うのは、足の裏のほくろは、他の部位のほくろに比べてがんになりやすく、悪性黒色腫の約4割は足の裏に発症するからや。
歩行することにより、ほくろを刺激することが発がんの原因と考えられていまんねんわ。
特に、ご質問の方のように、成人になって出現してきたほくろは、よりがんになりやすいので要注意や。
足の裏のほくろの治療法としては、取り残しのないように、ちびっと大きめに切除する、つまり手術になるんや。
手術ちうと躊躇される方もあるかと思うんやが、痛み止めを注射するさかいに、手術時の痛みはまるっきしなく、小さなほくろであれば10分もあれば終わるんや。

したがってまるっきし心配はおまへん。
一番よくないのは、オノレでなんとか治療しようと考えて、カミソリで削ったり、お灸をしたりすることや。
これらの刺激はがん化を促進しまんねん。
絶対にこのような足の裏のほくろを自家療法はしてはなりまへん。

足の裏のほくろの他にも、爪の下や、口腔内、陰部、のような粘膜部もがんになりやすい部位やので、これらの部位のほくろも切除しておいたはうがよいでっしゃろ。
又、その他の部位でも、以下のようなほくろは要注意やので、皮膚科専門医の診察を受けておくんなはれ。
・大きさが6mm以上。
・色調に濃淡がある。
・黒い色素がしみ出したように見える。
・形が左右非対称で、辺縁が不規則である。
・イボ状にザラザラしとる。

足の裏のほくろの除去

足の裏のほくろの除去
ほくろ除去に保険はきくの?
健康保険の適用となるかどうかは、治療目的であるか、美容目的であるかによって分けられまんねん。
日常生活に支障のあるほくろの場合、保険が適用されまんねん。
例えば、ほくろが大きい、目立つ場所にあるやらなんやら悩みが大きい場合や、ほくろが盛り上がっていてカミソリで傷つけてしまうやらなんやらが挙げられまんねん。

保険が適用されるかどうかで値段がかなり違ってきよるさかいに、必ず治療前に料金や保険が適用されるかどうかの確認をするようにしておくんなはれ。
最初からあきらめてしまわんと、まずは保険のきく皮膚科の先生に相談をしてみるとよいでっしゃろ。

健康保険が適用されるかどうかは、病院によって多少方針が違ってきよるさかいに、いくつかの病院に相談してみまひょ。


足の裏のほくろはメラノーマ?

足の裏のほくろはメラノーマ?
日本人がメラノーマを発症しやすい部位は、足の裏、爪、手のひらやらなんやらが挙げられまんねん。
せやけど、足の裏、爪、手のひらにほくろができたからといって、必ずしもメラノーマになるちうわけではおまへん。

せやけどダンさんながら、他の部位よりメラノーマである確率が高いのは事実や。
このような場所にほくろができた場合、ちびっと注意深く観察しておいたほうがええかもしれまへんが、必要以上に気にする必要はないと思われまんねん。

・ほくろが急激に発達した
・ほくろの大きさが5mmを超えた
・ほくろの形がいびつになってきた
・ほくろから出血する

やらなんやらの症状が現れた場合は、必ず皮膚科の先生に相談するようにしておくんなはれ。

ほくろを取るとがんになる?
ほくろを取ってがんになることはおまへん。
せやけどダンさん、この場合のほくろちうのは、良性であることを前提としていまんねんわ。
ちうのも、取ったほくろが良性ではなくメラノーマやったちうことはあり得るからや。

ちびっとでもメラノーマの可能性があるときは、病理検査をして良性なのか悪性なのかを正確に判断しなくてはなりまへん。
それに、メラノーマと気づかんと安易に除去をした場合、がん細胞が周りに飛び散り、最終的に命を落とすことは決して珍しいことではおまへん。
ほくろを除去するときは、必ず皮膚科の先生とよく相談しておくんなはれ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。