足の裏のほくろはメラノーマ?

足の裏のほくろはメラノーマ?
日本人がメラノーマを発症しやすい部位は、足の裏、爪、手のひらやらなんやらが挙げられまんねん。
せやけど、足の裏、爪、手のひらにほくろができたからといって、必ずしもメラノーマになるちうわけではおまへん。

せやけどダンさんながら、他の部位よりメラノーマである確率が高いのは事実や。
このような場所にほくろができた場合、ちびっと注意深く観察しておいたほうがええかもしれまへんが、必要以上に気にする必要はないと思われまんねん。

・ほくろが急激に発達した
・ほくろの大きさが5mmを超えた
・ほくろの形がいびつになってきた
・ほくろから出血する

やらなんやらの症状が現れた場合は、必ず皮膚科の先生に相談するようにしておくんなはれ。

ほくろを取るとがんになる?
ほくろを取ってがんになることはおまへん。
せやけどダンさん、この場合のほくろちうのは、良性であることを前提としていまんねんわ。
ちうのも、取ったほくろが良性ではなくメラノーマやったちうことはあり得るからや。

ちびっとでもメラノーマの可能性があるときは、病理検査をして良性なのか悪性なのかを正確に判断しなくてはなりまへん。
それに、メラノーマと気づかんと安易に除去をした場合、がん細胞が周りに飛び散り、最終的に命を落とすことは決して珍しいことではおまへん。
ほくろを除去するときは、必ず皮膚科の先生とよく相談しておくんなはれ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。